Out To Lunch

カテゴリ:イスラム・宗教( 1 )

目には目を、歯には歯を

 マレーシアのイスラム教徒と暮らし始めて9年目になります。マレーシアといっても半島部ではなく、キリスト教徒(ムスリム)も少なくない東マレーシア(ボルネオ島)なので、同じイスラムでも半島部に比べれば戒律の縛りはキツくはありません。我が家のイスラム教徒(息子)は週に一度の金曜礼拝さえ忘れたりサボったり。なのでよく奥さんに叱られてます。

 そうはいってもイスラム教はイスラム教徒。夕方の礼拝時間になればTVは放送中の番組がはいきなり中断されてアザーン(礼拝への呼びかけ)が流されますし、それを聴くとヨチヨチ歩きの我が家の幼児も唇に指をあてて声をひそめます。

そうなんですけどねー、でも、ここのムスリムたちは実はアル・クラーン(コーラン)なんて読んでないのでは?と私は常々疑っているんです。

 だって、コーランには「清潔」さが大切だとハッキリ書かれているのに、彼等はあまり掃除をしません。お金持ちの豪邸ではさすがにそんなことはないでしょうが、メイドもいない一般家庭だと家具や照明器具が分厚いホコリで覆われているのは珍しいことではありません。呼吸器系に問題のある人が多いのは多分そのせいだと思います。日本人にはトイレも厳しいものですが、これも改善のスピードは遅々たるもの。

 掃除の問題に限らず、日本語訳のアル・クラーンを読んで思うのは、イスラムの聖典も、預言者ムハンマドの教えも全然守られていないな、ということ。

 「ムハンマドの復讐だ」などと言い、シャルリ・エブドを襲撃したイスラム過激派の人たちにも言いたいです。あなた、ムハンマドは復讐は良くないと言ったはずですよ。

 誰でも知っている、「目には目を、歯には歯を」の意味も、むしろ自分が受けた以上の報復を戒めるものではないかと思っています。”倍返し”なんて、絶対にダメ!!、ということ。
アル・クラーンにはこう書かれています。
「命には命、目には目、鼻には鼻、耳には耳、歯には歯、すべての傷害には同様の報復を」....これはアッラーの定めた法である、といった、そのすぐ後にこう続きます。「しかし、その報復を控えて許すなら、それは自分の罪の償いとなる。」

 ”地獄の劫火”なんて聞いただけで怖いと思っていましたが、一人の極悪人が、ある日喉の乾いた犬に水を与えたことで地獄行きが許されたというエピソードを知って心底ホッとしました。イスラム教では犬は不浄とされています。そんな犬に少しの水を与えただけで極悪人の地獄行きが許されるなんて...まさに目からウロコでした。アッラーって厳しいだけの神様じゃないんですね。というか、実は優しいんです。

 

 
 

 

 

[PR]
by kin_midori | 2015-01-26 14:55 | イスラム・宗教



見たり、聞いたり、思ったり...
カテゴリ
全体
イスラム・宗教
日常 etc.
マレーシア・サバ
動物・いのち
受け売り
歴史・伝統・文化 etc
政治・社会
子供・教育
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧